少人数で行なう家族葬|トラブルの回避方法を紹介

男の人

お薦めの葬儀社選びの方法

葬儀社にお葬式の依頼を行う際には、必ず前もって予算や参加者数に見合ったお葬式の「プラン」を決めておきましょう。大阪市生野区内でお葬式を行いたい場合は、そのプランを実施している葬儀社をインターネットで検索しましょう。葬儀社の人気ランキングを検索し、人気の順にアクセスしていくことをお薦めします。

家族や親族だけで行う葬儀

葬儀場

昔に比べると、葬儀のかたちは多様化しつつあります。現在行われている葬儀には、昔からのやり方で行う一般葬の他に、家族葬や一日葬、直葬(火葬式)などの形式があります。ある民間会社の調査によると、現在もっとも多く行われているのは一般葬をぬいて家族葬となっています。それでは、家族葬とはどのような形式のお葬式なのでしょうか。家族葬は、もともとは故人の家族のみで行う葬儀を指して言っていましたが、現在では家族だけでなく近しい親族や個人が親しくしていた友人なども呼んで行うことがあります。お通夜やお葬式の流れは一般葬と大きく変わることはありません。家族葬を行うメリットは、故人と親しかった者たちだけで、落ち着いて最後のお見送りをすることができるという点です。また、小規模なお葬式のため経済的な負担が少ないこと、一般の会葬者を招かないため対応に追われる心配がなく、精神的な負担が軽減されることなども挙げられます。多くの場合香典を受け取らないため、返礼品の手配の手間もかけずにすむ点も挙げられるでしょう。ですが家族葬を行う際は、事前に親族にしっかりと説明し、了解を得た方がいい場合があります。また気を付けておきたいのが、通常、家族葬は香典を受け取らないため、収入となるものがなく、葬儀費用はすべて持ち出しになるという点です。小規模のため費用は抑えられると思っていたら、思いのほか出費がかさんだということがありますので注意しましょう。

多様化する葬儀の形

近年では葬儀の形も個人化が進み、家族葬が一般化してきています。平野区にも葬儀社は多いので、経験があり、信頼性のあるところに依頼するようにしましょう。そうすれば安心して見送ることが出来るはずです。

地域の特徴と交通事情

荒本で葬式を執り行う場合、家族葬を選択することができます。この家族葬は参列者に気を使うこと無く故人を偲ぶ事が出来ます。しかし、家族葬を行なう場合には、様々な配慮が必要になります。故人の友人知人には予め家族葬ということを伝えましょう。