少人数で行なう家族葬|トラブルの回避方法を紹介

女性

多様化する葬儀の形

花

身内や親しい人で送る葬儀

昔の葬儀の形といえば、平野区でも隣近所や町内会、企業で協力しあい、故人を見送るのが一般的でした。しかし近年は、少子化や高齢化が進み隣近所との係わりも減りました。その為、葬儀の形も個人化が進み家族葬という形を選択する人が増えています。家族葬とは、以前は密葬と呼ばれていて、後に大々的に本葬を執り行う人や予算などの問題でひっそりと故人を見送りたい人の為の葬儀でした。しかし家族葬という温かみのある呼び名に変わると、徐々に一般的になってきて最近では珍しくなくなりました。家族葬にはこれが正解というものはありません。式場もセレモニーホールで執り行う場合や自宅で執り行う場合があり、人数や予算もまちまちです。ですから故人や遺族の考えや希望がより反映しやすい半面、人それぞれの解釈の違いからトラブルになる場合も少なくありません。家族葬という響きから故人が生前親しくしていた人にも連絡せず不義理をしてしまう場合もあります。そのため、家族葬を行なうということは伝えるようにしたほうがいいかもしれません。またこの家族葬を行なうときには、葬儀社選びが重要になってきます。経験豊富で親身に話を聞き、様々なアドバイスをしてくれる葬儀社を選びましょう。平野区には、葬儀社が沢山集まっています。また平野区には葬祭扶助の制度もありますので、役所へ問い合わせてみると良いでしょう。平野区の沢山の葬儀社からより良い葬儀社を選んで、より良い故人との最後のお別れをしましょう。